当ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。

貨物輸送評価制度とは?

こんにちは。

今回は貨物輸送評価制度についてお話ししたいと思います。

貨物輸送評価制度とは?

東京都が実施している貨物輸送評価制度は、東京都内、または東京都内から貨物を運送している貨物自動車運送事業者が対象となります。

そのうち、過去1年間(4月から翌年3月まで)の燃費向上に向けた取組を行っている事業者に対し、5段階評価(1つ星・準2つ星・2つ星・準3つ星・3つ星)で評価し、表彰するものです。

これらの評価を取得すると、取得事業者の公表や評価証票の発行、成績書の交付などが行われます。

評価を取得するメリット

メリットとしては

  1. 取得事業者が東京都のサイトで公表され、ロゴステッカーが交付されるため、荷主への信頼アピールになる
  2. 自社の車両が同種の他社車両に比べて燃費数値がどのあたりにいるか把握できる。
  3. 燃費を意識したエコドライブによって交通事故を減らすことができる。

等が挙げられます。

 

また、5年連続で評価取得している事業者は優秀事業者として表彰されたり、平成30年度から電子申請が出来るようになる等、これから取得事業者は増えていくと考えられます。

 

評価取得に必要な条件は?

  1. 継続的にエコドライブを行うための教育、指導体制が構築されているか
  2. 過去1年間の稼働車両(増減車含む)の燃費データが構築されているか
  3. その他の取組としてどのようなことを行っているか

これらを毎年5月ゴールデンウィーク明け~5月下旬ごろの申請期間中に提出します。

全て揃えると、かなりの書類が必要になってきますが、先に述べたように電子申請化が始まったり、東京都トラック協会グリーン・エコプロジェクト参加事業者は最大のネックである燃費データベースを省略できたりと、年々簡素化されている印象を受けます。

是非取得してみると良いかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA